Senses(センシーズ)の評判や特徴!料金プランやSFAとしての機能を解説

Senses(センシーズ)の評判や特徴!料金プランやSFAとしての機能を解説

2021.09.24

Senses(センシーズ)とは?

企業の業務を効率化するためには、デジタルツールの導入が欠かせません。さまざまなツールが登場していますが、社内に分散している顧客情報を一括管理するためのSFA(営業支援ツール)が多くの企業に必要とされています。

現在、多くのSFAツールが登場していますが、今回はSenses(センシーズ)というツールの機能や特徴について詳しく見ていきましょう。

SFAツール(営業支援ツール)のひとつ

Sensesとは、SFAツールの一つです。社内の各部署に分散していた顧客情報をまとめて登録することで、社内の顧客情報を全社で共有できるようになります。Sensesには、さらにAIが搭載されていて、登録した顧客企業のニュースリリースや株価情報を自動的に取得し、リスク分析などを行ってくれます

Sensesの導入がおすすめな人 

Sensesがおすすめの企業は、現場が使いやすい営業支援ツールや顧客管理ツールを導入したいという企業です。また、営業担当者個人の能力に頼っていた営業力を社内で均一化したいという企業にもおすすめです。

センシーズは現場の声を第一に開発されているので、使いやすさには定評があります。また、社内の情報を一元管理し、案件の進捗情報をカード式の案件ボードで共有することによって、属人化していた営業力の社内での均一化を図ることが可能になります。

Senses(センシーズ)の特徴

Sensesにはどのような特徴があるのでしょうか。SFAとしてのセンシーズの主な4つの特徴を詳しく解説します。

情報をまとめて管理できる

Sensesの特徴には、センシーズの導入によって社内の各部署に分散して保管されていた顧客情報をまとめて管理できるようになります。各部署でExcelで管理されていた顧客情報を、クラウド型SFAのセンシーズに移行して保管することで、社内全体で共有できるようになり、必要に応じて必要な部署で情報を活用することが可能になります。

全員の行動を把握できる

Sensesの特徴には、案件に対するスタッフの行動を把握しやすくなるという特徴もあります。センシーズには、電話、メール、訪問といったスタッフが案件に対してどのように行動したのかを時系列で記録する機能が搭載されています。

他のスタッフが顧客に対してどのように動いたのかを把握しやすいことで、対応漏れや二重対応といったミスを防ぎやすくなります。

直感的に操作できる

Sensesの特徴には、直感的に操作しやすいという特徴もあります。案件はカード形式でそれぞれまとめられて、画面上に並べることができます。

カードはステータスやフェースなどによって色分けすることや、ドラッグ&ドロップで入れかることも簡単にできます。直感的な操作で、PCやスマホのアプリやツールの操作に自信がないスタッフでも簡単に利用できます。

情報の共有がしやすい

Sensesの特徴には、情報が共有できるようになるという特徴があります。それまで営業担当者個人や各部署ごとに囲い込んでいた顧客情報は、センシーズのクラウドで一括管理することになります。

案件の進捗状況などもセンシーズで共有することができるので、全社を上げたチームとしての対応が可能になります。それまでの顧客情報を部署や営業担当者個人が囲い込むといったことがセンシーズ導入でなくなるでしょう。

Senses(センシーズ)の機能

Sensesを導入するとどのような機能を利用できるようになるのでしょうか。Senseの特徴的な6つの機能について解説します。

情報の収集

Sensesには、外部情報を自動で収集する機能があります。SFAに登録している顧客企業のプレスリリースや株価情報、財務情報などを自動的に取得します。スタッフが一つ一つ調べる必要がなく、いつでも必要な情報を閲覧できるので、時間の大幅な節約が可能になります。

アクション管理

センシーズのSFAには、スタッフが顧客企業とどのようなやり取りをしたのかの行動履歴を登録、管理できるアクション管理機能があります。チーム全体で行動履歴を共有して時系列で把握しやすいだけでなく、AIの分析により過去の類似案件からおすすめのアクションもSensesから提案してもらえます。

時系列管理のコメント機能

アクション管理機能には、コメントを入力できる機能がついています。Sensesに登録した行動履歴はチーム内のスタッフやマネージャーにもリアルタイムで共有されます。アクションに対するフィードバックが時間をおかずにすぐにできます

また、コメントもアクション管理機能に時系列で保存されて管理されます。そのために、あるアクションに対する経緯や背景も把握しやすくなるというメリットがあります。

分析に役立つレポーティング機能

Sensesにはダッシュボードでレポートを閲覧できるレポーティング機能も搭載されてます。センシーズに登録したデータを見やすいグラフなどにして、ダッシュボードに配置できます。

受注率や売上の変化、進捗率などを分析して、営業活動をどのようの修正するべきなのかを分析することができます。

作業環境を選ばないマルチデバイス対応

Sensesにはスマホアプリも用意されています。スマホアプリからセンシーズのSFAにアクセスして必要な顧客情報を引き出したり、営業活動が終わったらすぐに報告を入力したりすることができます。

外回りが多い営業活動でも、その都度PCを開かなくてもスマホやタブレットだけで、必要な情報の閲覧や報告の入力ができるのは、営業支援ツールとしておすすめのポイントです。

不明点を解決できるサポート機能

SensesのようなSFAツールを導入しても、なかなか使いこなすことができずに宝の持ち腐れになってしまうことも少なくありません。しかし、センシーズではサポート機能が充実しているので、わからないことはいつでも気軽に質問できます。

センシーズの画面上には常にお問い合わせ窓口となるチャットが常駐しています。センシーズ導入担当のシステム担当部署だけでなく、利用しているスタッフ全員が、いつでも気軽に問い合わせができるようになっています。

Senses(センシーズ)の料金プラン

Sensesの導入にあたっては当然のことですが利用料金がかかります。センシーズにはどのような料金プランが用意されているのでしょうか。こちらではセンシーズ導入にあたっての料金プランについて解説します。

無料トライアルが用意されている

Sensesには3つの料金プランが用意されていますが、その中のStarterプランとGrowthプランには14日間の無料トライアルが用意されています。センシーズの導入効果を実施に体感してみたい場合には、ぜひ無料トライアルから始めてみましょう。

月額費用について

Sensesには月額料金の違う3つの料金プランが用意されています。プランによって利用できる機能が違います。センシーズの料金プランの詳細は次のとおりです。

  Starterプラン Growthプラン Enterpriseプラン
月額料金 2万5,000円~ 10万円~ 30万円~
1ユーザー追加(月額) 5,000円 1万円 1万5,000円
無料トライアル 有り 有り なし
利用できる機能
  • 顧客・案件・行動管理
  • メール・スケジューラ自動連携
  • レポーティング・データ分析機能
  • 企業データベース・プレスリリース閲覧
  • 企業データベースによる入力補助
  • 外部サービス連携
  • モバイルアプリ対応
  • 監査ログ

Starterの機能すべて

  • 複数営業タイプ管理
  • カスタムリスト作成
  • 権限設定
  • IPアドレス制限
  • カスタム表・グラフ作成
  • API連携
  • 見積書作成
  • ダッシュボード
  • AI予測確度

Growthの機能全て

  • 名刺OCR
  • AI予測確度(案件タイプ無制限)
  • カスタム項目(無制限)

Senses(センシーズ)のメリットとデメリット

Senses導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか。またデメリットはあるのでしょうか。こちらでは、センシーズのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

センシーズ導入のメリットは次の2つです。

専門知識が無くても導入できる

Sensesの導入に際しては、プログラミングなどの専門知識を持つシステム担当者は必要ありません。導入に際しては、センシーズ側からの手厚いサポートが得られるので、導入の過程でわからないことは助けてもらえます。

また、日々の運用でも、システムの専門知識がなくても運用できるように、使いやすくシンプルなUIになっています。Officeソフトや日常的に使うスマホアプリを利用する感覚で利用できる点が大きなメリットです。

簡単に状況を把握できる

Sensesを全社的に導入すれば、大企業であってもすべての営業案件の進行状況がひと目で把握しやすくなります。案件ボードには、進行中の案件カードがフェーズごとに整理されています。

案件ごとに遠方からも指示を出しやすく、アクションの紐付けもしやすい点はセンシーズの大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

Senses導入には少し残念なデメリットもあります。導入企業の多くが感じているデメリットは次の2点です。

モバイル端末は不便を感じることがある

センシーズはスマホアプリも利用できるとお伝えしましたが、アプリ版は使い勝手が悪いという声が大きい点がデメリットです。

SensesにはGmailやGoogleカレンダー等のメールアプリやスケジュールアプリとの連携機能が搭載されているはずですが、アプリ版ではメールやカレンダーアプリとの連携ができない、といった不具合が報告されています。

今後、このような点は改善されていくでしょうが、モバイル環境での利用にはまだ少しデメリットのほうが多いようです。

カスタマイズ性が弱い

システム担当者がいなくても導入できるツールということで、Sensesは9割方出来上がってしまっているツールです。自社の状況に合わせたカスタマイズはできないと考えたほうがいいでしょう。

Enterpriseプランであれば、必要な機能を追加できますが、StarterプランとGrowthプランでは機能のカスタマイズはできません。Enterpriseプランでカスタマイズするときには、料金の見積もりをしっかりと事前に取った上で、カスタマイズが必要か判断したほうがいいでしょう。

Senses(センシーズ)の評判

Sensesをすでに導入済みの企業からの評判はどうなのでしょうか。今後の導入を検討中の担当者の方が気になる、センシーズの評判について、いい評判と評価の低い評判をそれぞれ見てみましょう。

良い口コミ

Sensesを高く評価する評判は次のとおりです。

使いやすい

Sensesを高く評価する口コミや評判では、使いやすさに対する評判があります。

「直感的な操作が使いやすくていい。入力項目がプルダウンなので、スマホからでも操作しやすい」

「操作しやすい画面で、マニュアルなしでも簡単に始めることができた。スタッフに使ってもらっていても、操作に関する質問は半年以上こないので、みんな使いこなせているようだ。」

「以前使っていたSFAソフトよりも入力に手間がかからず、短時間で登録作業が終わる点がとてもいい。」

導入しやすい

評価の高い評判には、導入しやすさを評価する評判もあります。

「他のSFAと比べると導入のハードルがとても低かった。オンラインマニュアルもわかりやすく充実しているので使いやすい。」

「システムに関する専門家がいなくても、ある程度のITリテラシーのある管理者が数名いれば、数百人規模での導入も問題なくできるツールだ。」

改良を求める口コミ

Sensesが使いにくいという評判や改善して欲しいという評判は次のとおりです。

API機能を増やしたい

API連携に関して改善して欲しいという声があります。

「GrowthプランとEnterpriseプランではAPI連携が可能だが、連携できる機能や数に制限がある点に不満がある。もう少し、自由に、こちらの必要とするAPIを導入できるようにしてほしい」

設定に自由度が欲しい

設計のカスタマイズ性が低い点に対する不満の声も聞かれます。

「カスタマイズできることはできるが、最小限しかできない。特にカスタムレポートにできる範囲が限定されているので、結局CSVに出力して再度レポートを作成している。」

カスタマイズ性に関しては、今後の改善に期待したいところですが、Sensesに限らず必要な機能を使えるツールに乗り換えることも検討したほうがいい場合もあります。

関連記事:UPWARD(アップワード)の評判や特徴は?料金や導入メリットを解説!

Senses(センシーズ)の導入を検討しよう!

Sensesを導入することで、営業活動が共有化されて、全社的に進捗状況を把握しやすくなります。現在、より競争力を高めるためにも、多くの企業で今まで属人化していた営業活動をチーム化する必要性が高まっています。

営業活動をチーム化するためには、チーム全体で必要な情報を共有できるツールが必要です。Sensesは営業活動の共有や分析にとても優れたツールです。無料体験もできるので、ぜひ検討中の場合には、一度問い合わせてみることをおすすめします。

関連記事:eセールスマネージャーの評判や特徴!料金や口コミと導入がオススメの企業について解説!

決裁者アポ獲得するならアポレル

アポイントの獲得、特に決裁者アポイントの獲得を重要視するなら、ぜひアポレルにお問い合わせください。
アポレルが選ばれる理由を5つご紹介します。

アポレルが選ばれる理由

  • 審査制で決裁者のみが登録
  • 決裁者へのダイレクトメッセージ機能搭載
  • 決裁者限定のオンラインピッチイベントを開催
  • アポレルコンシェルジュの仲介サポート
  • 完全オンライン完結

アポレルは完全審査制で決裁者のみが利用できるサービスであるため、無駄な時間をかけずに営業活動を実施できます。
また、直接のダイレクトメッセージだけでなく、オンラインピッチイベントやアポレルコンシェルジュの仲介も利用可能です。
完全オンラインで利用できますので、コロナの状況下でも営業機会を逃しません。
お気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

SHARE
COPYLINK