親身なサポートにより、結婚という一大イベントをより良いものに

親身なサポートにより、結婚という一大イベントをより良いものに

株式会社KMA 取締役副社長 清水小百里

カテゴリ: 、従業員数:

2022.02.24

清水 小百里(しみず・さゆり)

株式会社KMA 取締役副社長

仲人名人として新聞でも紹介された富樫泰子さんの元で仲人カウンセラーとして従事し、その後仲人婚活エキスパートなど、さまざまな資格を取得。2011年に夫である清水泰治氏がKMAの代表取締役となり自身も2018年に取締役に就任。著書に「結婚したければ選ばれる男になりなさい」がある。

生涯独身率が年々上昇している昨今、婚活サービスの需要もどんどん高まっています。コロナ禍によって男女の出会いの機会が極端に制限されている今、結婚相談所はどのように変わっていくのでしょうか。仲人カウンセラーとして長年多くのカップルを見守ってきた、清水小百里氏に話を聞きました。

 


結婚相談所の傍ら、仲人育成にも尽力


 

--本日はよろしくお願いします。早速ですが、清水さんの事業について教えてください。


埼玉県さいたま市を中心に事業展開している、1979年創業の結婚相談所です。

20代〜60代の方を対象とした婚活サービスを提供する傍ら、累計600以上の支部へ結婚相談所経営のノウハウを提供し、仲人カウンセラーの育成事業を行ってきました。


結婚相談所で活動する会員様は埼玉県内の方が多いのですが、仲人カウンセラー育成事業は首都圏、関東全域で展開している形です。


 

1人の仲人が最後までマンツーマンで親身に対応


 

--結婚相談所を利用する方々について近年変化はありましたか?


昔は恋愛経験があっても結婚には結びつかず、適齢期になったので結婚相手を探すために結婚相談所に入会する方が多かったです。会員数も女性より男性の割合が多かったのですが、最近は30代の女性を中心とした利用者が非常に増えて、男女比は同じぐらいです。


今、結婚相談所に来られる方は男女とも恋愛経験に乏しい方ばかりです。中には「恋人いない歴=年齢」の方もいらっしゃいます。

最初は手軽さが魅力のマッチングアプリで婚活を始めてみたけれど自分の力では限界を感じ、婚活をサポートしてくれる仲人カウンセラーがいる結婚相談所に入会するというパターンが多いようです。


 

--マッチングアプリと結婚相談所ではどういった部分が異なるのでしょうか?


結婚相談所は入会する際に「独身証明書」「住民票」「収入証明書」などの提出が必須のため「本気で結婚したい人」が集まっているのが強みですね。

一方でマッチングアプリは基本的に身分証の本人確認だけで利用ができるので、「実は相手が妻帯者で不倫関係を結んでしまった」「お金をだまし取られた」などという怖い話も相談者から聞くことがあります。

 

--貴社の料金設定はどのような形でしょうか?


料金設定は以下のような感じです。(※表示価格は全て税込です)


・初期費用(10万円):入会金 7万円 / 登録費 3万円

・月額利用料:1万5千円

・お見合い料:0円

・成婚料:25万円


結婚相談所連盟が推奨するサービス水準の維持と成婚主義を目的とした価格設定に沿った料金体系です。結婚相談所の料金は提供するサービスの種類が多く複雑で、関心が湧く結婚相談所を比較した場合に料金が安いか高いかの違いを見極めることが難しいのが実情です。そのためKMAでは基本的な料金プランは1種類です。


 

--この月額利用料でどのようなサービスを受けられるのですか?


以下のようなサービスを提供しています。


 ・結婚相談所連盟3団体に加盟、会員数が多く出会いの選択肢が多い

・パソコン・スマホからお相手を検索してお見合い申し込みが可能

・結婚相談のプロである仲人のサポートを成婚まで受けられる


相談では女性には男性からのクレームを、男性には女性からのクレームを、といったように異性が抱いている生の声や、自分の長年の経験から得た内容などをお伝えしています。

さらに、お見合い料は何人とお見合いしても無料です。


コロナ禍に合わせてオンラインでお見合いを行うサービスも弊社ではいち早く導入してきました。そのため、コロナ禍においても成婚退会者の数は順調に推移しています。



--貴社の独自性や強みについてお伺いできますでしょうか。

会員との関わり合いが濃いところです。

大手は仲人カウンセラーがたくさんいますが、うちは私だけですからね。最初から最後まで同じ仲人カウンセラーが一貫してマンツーマンで対応するというのは弊社の強みだと思います。大手だと毎回担当する仲人カウンセラーが変わったりして、入会時は感じの良い人でも入会したら「あれ?」ということも少なくないようです。

 

また、料金や入会するコースによって相談回数が限られていたりもします。

年中無休で相談回数に制限なく、婚活の不安や心配事にも親身に対応するサービスにメリットを感じて、大手から乗り換えて来る人も多いです。

 

企業向け事業にも力を入れたい

 


--今後の中長期的な事業展望についてお伺いできますか。

結婚相談所というのは個人情報を取り扱うので難しいとは思うのですが、いつか企業の福利厚生として結婚相談サービスを展開したいと思っています。

 

また、お見合いを通して接客や営業の仕事に役立つ知識も学べたとの声をいただいたこともありますので、企業の男性社員向けにコミュニケーション能力向上のセミナーを開いたりもしたいですね。

 

2030年までに達成すべきSDGsの目標5に「ジェンダー平等を実現しよう」があります。今の私にできる、その目標達成のゴールは、LGBT対象のパートナー探しです。同じ思いを持った全国の仲人カウンセラーとタッグを組み、いろいろな愛の形を応援していきたいです。


 

--最後にProfessional Onlineを見ていただいている経営者、決裁者の方に向けてメッセージをいただけますか?


結婚相談所の独立開業・副業開業を検討されている方を募集しています。徹底した教育体制を整えた、初期研修、資格取得研修のカリキュラムで開業後のサポートを後押しします。毎月の定例会では、集客、入会獲得、成婚を達成するためのメソッドやツールを提案しています。

1979年創業の歴史と実績から運営をサポートしてきたKMAだからこそできる、充実のメソッドとツールで、より確実な結婚相談所開業と運営をご提供いたします。



--本日はどうもありがとうございました。



株式会社KMA

https://kma-h.co.jp/


 

Professional Onlineでは無料で経営者インタビューに掲載いただける方を募集しています。

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

SHARE
COPYLINK

プロフィール

株式会社KMA取締役副社長

清水小百里

会社情報